投稿日:

水面下で拡大する闇金

法改正で、ヤミ金利用が増加 

法律で定められている貸金業登録をせず、加えて違法な高金利を取る貸金業者いわゆる「闇金」の利用が徐々に拡大しています。

日本貸金業協会のリサーチによれば、消費者金融などを利用した個人利用者のうち、闇金を利用した経験があった人の割合は7.8%ととなり前年より1.3ポイント拡大しました。

この原因としては、2010年6月に施行された改正貸金業法により貸金業登録業者からの借り入れができなくなった利用者が、やむ得ずヤミ金から借りたようです。

個人ではなく事業者の場合には、ヤミ金の利用または接触がある人の割合は22.9%にもなり、7.7ポイントも上昇しています。
続きを読む 水面下で拡大する闇金