投稿日:

過払い金とは何?

債務整理 無料相談過払い金とは、金融業者に返済しすぎたお金のこと

国民生活センターから以前に発表されたことによれば、利息制限法の上限利率(15~20%)を超える利息を支払っていたケースでは、その超えた利息を取り戻せる可能性があるとのことです。

ようするに過払い金とは”払いすぎたお金”のことです。

法律の上限を超える利息で借金契約をしていた場合に過払い金が発生するわけです。

では何故、過払い金が発生する原因となった法律の制限を超える利息(グレーゾーン金利)での貸し付けが行われていたのでしょうか。

2010年以前には、借金の利息に関する法律は「利息制限法」と「出資法」の2つが存在していました。

利息制限法の上限は借入金額で異なり、金利は最高で20%までしか認可されていませんでした。

これに比べ、出資法は借入金額に関係なく29.2%まで容認していました。

この2つの法律の間の金利は「グレーゾーン金利」と称されていて、多くの金融業者は29.2%に近い金利でお金を貸し付けていました。

 しかし、2006年1月になると、このグレーゾーン金利を実質的に排除する最高裁判決が出現しました。それは、利息制限法(15~20%)を超える貸付は無効とし、利息制限法を超える金利で借りていれば、その割合に応じ利息分を払いすぎていると判定されるようになったのです。

 ついでに申しますと、この判決後の2006年12月に、法律が改正されたことでグレーゾーン金利は廃止されました。また、改正法の施行日は2010年6月18日でしたので、この日以降の借入契約では過払い金は発生していません。

詳しい債務整理の詳細は弁護士か司法書士事務所の債務整理無料相談窓口でお聞きください。