投稿日:

借金は、自分の意思をもってコントロールする

闇金に精通した弁護士投資のスタート、事業のスタート、副業のスタートをするときには、

最初は経験が浅いのですから、自分の責任のとれる資金の範囲でスタートして、徐々に慣れてきてから、拡大・レバレッジをかけていくのが良いです。
投資とリスク
他人の「力」を使う

他人の力をお借りることができれば、とても素晴らしいレバレッジだといえます。他人の助けを借りる方法はいくつかあります。

1、力を貸し借りする
本当に体力を借りることを意味します。
不動産投資ではリフォーム作業や撤去作業を支援することで、ノウハウを共有化したり、他の人が困っているとき相互に助けたりの関係が望ましいですね。

2、 ものを貸し借りする
物品を購入せずに貸してもらえるものは借りる。また、空いている土地があれば貸してもらって活用プランを考えに入れる。保有したままの戸建てがあれば清掃して貸し出す事業をスタートさせてみる。副業の手始めに、購入するよりも借りて事業を始動させられるのであれば、一番だと思います。

3、 他人の経験を学ぶ
他人の経験を知ることで、自分自身では実現できない経験値の積み重ねができる。投資成果や副業の経験値そして、失敗の経験など、自分では体験できない「他人の経験」を教えてもらうことで、自分の事業・副業・投資の実現化を時間をかけずにする、そして失敗を防止することができます。

4、 他人の人脈を利用する
自分の人脈だけでなく、他人の人脈も財産の宝箱です。案件を取り次いでもらえる人を紹介してもらう。業者を知っている人を紹介してもらう。銀行に影響力がある人を紹介してもらう。

あれこれ総合的に情報をもっている人を紹介してもらう。飛び込みで訪問するよりも紹介されて面談したほうが、紹介元の信用も取り込んでくるので、話しをきいてもらえる確率がものすごく上がります。

以上、投資をする際に短期間で、リスクを少なくする方法を述べましたが、それでも失敗することがあるかもしれません。
その場合は引き際にタイミングが重要で、深追いをしないことです。
やむ負えず、負債が残った場合には弁護士などに債務整理の相談をいち早くするこのが良いでしょう。
特に撤退が遅れ、闇金まで手を出した状況ならば闇金に精通した弁護士に早急に相談しましょう。