投稿日:

キャッシングのトラブル防止

キャッシングのリスク急な融資が必要になった時、親族や知人からお金を借りたいと思う人もいるでしょうが、普通はなぜお金が必要なのか、その理由を質問されると思います。
また、借金という弱みを握られて、それまでの人間関係が壊れてしまうかもしれません。金銭トラブルは人間関係に大きな影響を及ぼし、周囲との軋轢を生む危険もあるのです。
こうしたトラブルを回避するためにも、急なお金の工面にはキャッシングを利用するのも良いと思います。そのような状況もありキャッシングを利用する女性が増加傾向にあります。こうした傾向を受けて、女性向けのサービスに特化した業者も増えつつあるようです。

それまでのキャッシングと比べて、オペレーターや店員が女性のみであったり、サービス自体が女性利用者専用だったりします。しかし、その場合でも審査が甘かったり低金利といった特典があるわけではないので理解しておいてください。
とはいえ、同じ女性であれば話しやすいこともありますし、キャッシングを秘密にしたい場合は女性の名前で電話をかけてくれるため、家族が電話を受け取っても不審に思われにくいでしょう。

キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?

キャッシングはヤミ金融を除けばサービス母体が銀行のものといわゆる消費者金融などのノンバンク系のキャッシングに大別されます。
銀行が提携している銀行系のサービスについては、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、無収入の主婦であっても借入することが可能です。

業者の数が多く、さまざまな条件に対応しているのが消費者金融で、返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、短期間で利用する際には役に立つでしょう。

ある程度まとまった金額を用意しようと思った時にキャッシングを利用し始める人は多いでしょう。実際にキャッシングサービスに申し込む際には、借り入れや返済が負担にならないサービスを選ぶようにしましょう。総合情報サイトなどを活用すると、ご自身の希望するサービスを提供している業者が見つかりやすいです。

とくに、オンラインのキャッシングサービスなら、朝に申し込んでおくとその日のうちに融資を受けることも可能ですので、急いでお金を用意しようと思った場合にはこちらを選ぶと良いでしょう。

もしも、この先も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、生活圏にキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてからサービスを選択してみるのも良いでしょう。
近くにATMがあると、すぐにキャッシングを利用してしまうのではないかと心配な場合は、あえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも一つの考え方です。
しかし、利用しにくいということは、返済もしにくくなるということと同義ですから、メリットばかりではありません。利便性を取るのか、リスクを避けるのか、どちらが自分にとって都合が良いのか考えてみてください。

キャッシングを利用するリスクに闇金のワナがあります。街中にある張り紙広告やネットによる勧誘広告が彼らの集客方法です。他にも自己破産者やサラ金利用者のリストを利用しての勧誘もあります。
巧妙な勧誘で正規のキャッシング会社と間違って利用し、法外な高金利と酷い取り立て被害にあっている人も大勢います。
もし、そのような事態になったら1日でも早く闇金相談所に連絡して救済してもらいましょう。