投稿日:

キャッシングのトラブル防止

キャッシングのリスク急な融資が必要になった時、親族や知人からお金を借りたいと思う人もいるでしょうが、普通はなぜお金が必要なのか、その理由を質問されると思います。
また、借金という弱みを握られて、それまでの人間関係が壊れてしまうかもしれません。金銭トラブルは人間関係に大きな影響を及ぼし、周囲との軋轢を生む危険もあるのです。
こうしたトラブルを回避するためにも、急なお金の工面にはキャッシングを利用するのも良いと思います。そのような状況もありキャッシングを利用する女性が増加傾向にあります。こうした傾向を受けて、女性向けのサービスに特化した業者も増えつつあるようです。

それまでのキャッシングと比べて、オペレーターや店員が女性のみであったり、サービス自体が女性利用者専用だったりします。しかし、その場合でも審査が甘かったり低金利といった特典があるわけではないので理解しておいてください。
とはいえ、同じ女性であれば話しやすいこともありますし、キャッシングを秘密にしたい場合は女性の名前で電話をかけてくれるため、家族が電話を受け取っても不審に思われにくいでしょう。

キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?

キャッシングはヤミ金融を除けばサービス母体が銀行のものといわゆる消費者金融などのノンバンク系のキャッシングに大別されます。
銀行が提携している銀行系のサービスについては、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、無収入の主婦であっても借入することが可能です。

業者の数が多く、さまざまな条件に対応しているのが消費者金融で、返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、短期間で利用する際には役に立つでしょう。

ある程度まとまった金額を用意しようと思った時にキャッシングを利用し始める人は多いでしょう。実際にキャッシングサービスに申し込む際には、借り入れや返済が負担にならないサービスを選ぶようにしましょう。総合情報サイトなどを活用すると、ご自身の希望するサービスを提供している業者が見つかりやすいです。

とくに、オンラインのキャッシングサービスなら、朝に申し込んでおくとその日のうちに融資を受けることも可能ですので、急いでお金を用意しようと思った場合にはこちらを選ぶと良いでしょう。

もしも、この先も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、生活圏にキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてからサービスを選択してみるのも良いでしょう。
近くにATMがあると、すぐにキャッシングを利用してしまうのではないかと心配な場合は、あえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも一つの考え方です。
しかし、利用しにくいということは、返済もしにくくなるということと同義ですから、メリットばかりではありません。利便性を取るのか、リスクを避けるのか、どちらが自分にとって都合が良いのか考えてみてください。

キャッシングを利用するリスクに闇金のワナがあります。街中にある張り紙広告やネットによる勧誘広告が彼らの集客方法です。他にも自己破産者やサラ金利用者のリストを利用しての勧誘もあります。
巧妙な勧誘で正規のキャッシング会社と間違って利用し、法外な高金利と酷い取り立て被害にあっている人も大勢います。
もし、そのような事態になったら1日でも早く闇金相談所に連絡して救済してもらいましょう。

投稿日:

ヤミ金も任意整理ができる

闇金 債務整理司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼した方がいいかもしれません。なぜなら司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に関与できないからです。

その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。しつこい取り立てを受けている場合、弁護士に依頼すれば、手続きをとったその日の内から債権者からの取り立てを法律的に止めることができるハズです。
続きを読む ヤミ金も任意整理ができる

投稿日:

闇金対策には無料相談がおすすめ

闇金 弁護士 早急にお金が必要になったので、やむ負えずヤミ金からお金を借りてしまった場合に、借金返済のためにパニックになってしまうことがあります。

そんな時はヤミ金対応の弁護士に依頼をするのが良いとされていますが、ここで実際に頼む時のコツについて紹介をします。

 ヤミ金問題は早期解決がコンセプトとなっているため、自分で少しでも困ったらすぐに弁護士に依頼をするのが良いです。
続きを読む 闇金対策には無料相談がおすすめ

投稿日:

闇金の見分け方

お金を借りたら闇金だった・・・何ってことないように注意しなければなりませんが、何を注意しなければならないのでしょうか。

もし、これを怠ると法外な高金利と、過酷取り立て、そして嫌がらせが待っています。
そうなれば、生活基盤が根こそぎ崩れてしまいます。

金融庁による『闇金の定義』は以下のようになります。

『貸金業は、貸金業規制法に基づき、国(財務局)か都道府県の登録及び認可を受けなければなりません。それに反し無登録で貸金業を営む業者は、ヤミ金融業者と呼ばれています。また、最近では、登録業者を含め、法律に違反するような高金利で貸付けを行ったり、悪質な取立てを行ったりする業者もヤミ金融業者と呼ばれています』

これによれば、監督官庁への登録と許可を得なければなりません。そして貸金業の許可を得ていても高金利での貸付け、悪質な取り立てを行えば、それは闇金であると言っています。

ようするに、表向きには正規に貸金業を営んでいても実際には出資法で決められている上限金利の20%以上で貸付けているとか、決められている以上の厳しい取り立て行為を行っていれば闇金に当たるというわけです。

もちろん、登録や許可を得ずに貸金業をすれば正規の闇金です!
続きを読む 闇金の見分け方

投稿日:

水面下で拡大する闇金

法改正で、ヤミ金利用が増加 

法律で定められている貸金業登録をせず、加えて違法な高金利を取る貸金業者いわゆる「闇金」の利用が徐々に拡大しています。

日本貸金業協会のリサーチによれば、消費者金融などを利用した個人利用者のうち、闇金を利用した経験があった人の割合は7.8%ととなり前年より1.3ポイント拡大しました。

この原因としては、2010年6月に施行された改正貸金業法により貸金業登録業者からの借り入れができなくなった利用者が、やむ得ずヤミ金から借りたようです。

個人ではなく事業者の場合には、ヤミ金の利用または接触がある人の割合は22.9%にもなり、7.7ポイントも上昇しています。
続きを読む 水面下で拡大する闇金