投稿日:

過払い金とは何?

債務整理 無料相談過払い金とは、金融業者に返済しすぎたお金のこと

国民生活センターから以前に発表されたことによれば、利息制限法の上限利率(15~20%)を超える利息を支払っていたケースでは、その超えた利息を取り戻せる可能性があるとのことです。

ようするに過払い金とは”払いすぎたお金”のことです。

法律の上限を超える利息で借金契約をしていた場合に過払い金が発生するわけです。

では何故、過払い金が発生する原因となった法律の制限を超える利息(グレーゾーン金利)での貸し付けが行われていたのでしょうか。

2010年以前には、借金の利息に関する法律は「利息制限法」と「出資法」の2つが存在していました。

利息制限法の上限は借入金額で異なり、金利は最高で20%までしか認可されていませんでした。

これに比べ、出資法は借入金額に関係なく29.2%まで容認していました。

この2つの法律の間の金利は「グレーゾーン金利」と称されていて、多くの金融業者は29.2%に近い金利でお金を貸し付けていました。

 しかし、2006年1月になると、このグレーゾーン金利を実質的に排除する最高裁判決が出現しました。それは、利息制限法(15~20%)を超える貸付は無効とし、利息制限法を超える金利で借りていれば、その割合に応じ利息分を払いすぎていると判定されるようになったのです。

 ついでに申しますと、この判決後の2006年12月に、法律が改正されたことでグレーゾーン金利は廃止されました。また、改正法の施行日は2010年6月18日でしたので、この日以降の借入契約では過払い金は発生していません。

詳しい債務整理の詳細は弁護士か司法書士事務所の債務整理無料相談窓口でお聞きください。

投稿日:

借金は、自分の意思をもってコントロールする

闇金に精通した弁護士投資のスタート、事業のスタート、副業のスタートをするときには、

最初は経験が浅いのですから、自分の責任のとれる資金の範囲でスタートして、徐々に慣れてきてから、拡大・レバレッジをかけていくのが良いです。
投資とリスク
他人の「力」を使う

他人の力をお借りることができれば、とても素晴らしいレバレッジだといえます。他人の助けを借りる方法はいくつかあります。

1、力を貸し借りする
本当に体力を借りることを意味します。
不動産投資ではリフォーム作業や撤去作業を支援することで、ノウハウを共有化したり、他の人が困っているとき相互に助けたりの関係が望ましいですね。

2、 ものを貸し借りする
物品を購入せずに貸してもらえるものは借りる。また、空いている土地があれば貸してもらって活用プランを考えに入れる。保有したままの戸建てがあれば清掃して貸し出す事業をスタートさせてみる。副業の手始めに、購入するよりも借りて事業を始動させられるのであれば、一番だと思います。

3、 他人の経験を学ぶ
他人の経験を知ることで、自分自身では実現できない経験値の積み重ねができる。投資成果や副業の経験値そして、失敗の経験など、自分では体験できない「他人の経験」を教えてもらうことで、自分の事業・副業・投資の実現化を時間をかけずにする、そして失敗を防止することができます。

4、 他人の人脈を利用する
自分の人脈だけでなく、他人の人脈も財産の宝箱です。案件を取り次いでもらえる人を紹介してもらう。業者を知っている人を紹介してもらう。銀行に影響力がある人を紹介してもらう。

あれこれ総合的に情報をもっている人を紹介してもらう。飛び込みで訪問するよりも紹介されて面談したほうが、紹介元の信用も取り込んでくるので、話しをきいてもらえる確率がものすごく上がります。

以上、投資をする際に短期間で、リスクを少なくする方法を述べましたが、それでも失敗することがあるかもしれません。
その場合は引き際にタイミングが重要で、深追いをしないことです。
やむ負えず、負債が残った場合には弁護士などに債務整理の相談をいち早くするこのが良いでしょう。
特に撤退が遅れ、闇金まで手を出した状況ならば闇金に精通した弁護士に早急に相談しましょう。

投稿日:

キャッシングのトラブル防止

キャッシングのリスク急な融資が必要になった時、親族や知人からお金を借りたいと思う人もいるでしょうが、普通はなぜお金が必要なのか、その理由を質問されると思います。
また、借金という弱みを握られて、それまでの人間関係が壊れてしまうかもしれません。金銭トラブルは人間関係に大きな影響を及ぼし、周囲との軋轢を生む危険もあるのです。
こうしたトラブルを回避するためにも、急なお金の工面にはキャッシングを利用するのも良いと思います。そのような状況もありキャッシングを利用する女性が増加傾向にあります。こうした傾向を受けて、女性向けのサービスに特化した業者も増えつつあるようです。

それまでのキャッシングと比べて、オペレーターや店員が女性のみであったり、サービス自体が女性利用者専用だったりします。しかし、その場合でも審査が甘かったり低金利といった特典があるわけではないので理解しておいてください。
とはいえ、同じ女性であれば話しやすいこともありますし、キャッシングを秘密にしたい場合は女性の名前で電話をかけてくれるため、家族が電話を受け取っても不審に思われにくいでしょう。

キャッシングというと、どのような取扱業者を思い浮かべますか?

キャッシングはヤミ金融を除けばサービス母体が銀行のものといわゆる消費者金融などのノンバンク系のキャッシングに大別されます。
銀行が提携している銀行系のサービスについては、総量規制(借入限度額が最大でも年収の3分の1までとされること)がありませんから、無収入の主婦であっても借入することが可能です。

業者の数が多く、さまざまな条件に対応しているのが消費者金融で、返済期限などに条件はありますが、利子がつかないものもあり、短期間で利用する際には役に立つでしょう。

ある程度まとまった金額を用意しようと思った時にキャッシングを利用し始める人は多いでしょう。実際にキャッシングサービスに申し込む際には、借り入れや返済が負担にならないサービスを選ぶようにしましょう。総合情報サイトなどを活用すると、ご自身の希望するサービスを提供している業者が見つかりやすいです。

とくに、オンラインのキャッシングサービスなら、朝に申し込んでおくとその日のうちに融資を受けることも可能ですので、急いでお金を用意しようと思った場合にはこちらを選ぶと良いでしょう。

もしも、この先も必要な時にはキャッシングでお金を借りる可能性がある、という方は、生活圏にキャッシングに対応したATMが設置されているかを調べてからサービスを選択してみるのも良いでしょう。
近くにATMがあると、すぐにキャッシングを利用してしまうのではないかと心配な場合は、あえて面倒な場所にATMがあるサービスを選択することも一つの考え方です。
しかし、利用しにくいということは、返済もしにくくなるということと同義ですから、メリットばかりではありません。利便性を取るのか、リスクを避けるのか、どちらが自分にとって都合が良いのか考えてみてください。

キャッシングを利用するリスクに闇金のワナがあります。街中にある張り紙広告やネットによる勧誘広告が彼らの集客方法です。他にも自己破産者やサラ金利用者のリストを利用しての勧誘もあります。
巧妙な勧誘で正規のキャッシング会社と間違って利用し、法外な高金利と酷い取り立て被害にあっている人も大勢います。
もし、そのような事態になったら1日でも早く闇金相談所に連絡して救済してもらいましょう。

投稿日:

ヤミ金も任意整理ができる

闇金 債務整理司法書士と弁護士はどちらも債務整理を請け負ってくれますが、基本的に、弁護士に依頼した方がいいかもしれません。なぜなら司法書士では1社からの借金が140万円より多い場合の債務整理に関与できないからです。

その一方で、弁護士の場合は債務額の上限はありませんし、実際の訴訟においても、弁護士の方が印象が良いです。しつこい取り立てを受けている場合、弁護士に依頼すれば、手続きをとったその日の内から債権者からの取り立てを法律的に止めることができるハズです。
続きを読む ヤミ金も任意整理ができる

投稿日:

闇金対策には無料相談がおすすめ

闇金 弁護士 早急にお金が必要になったので、やむ負えずヤミ金からお金を借りてしまった場合に、借金返済のためにパニックになってしまうことがあります。

そんな時はヤミ金対応の弁護士に依頼をするのが良いとされていますが、ここで実際に頼む時のコツについて紹介をします。

 ヤミ金問題は早期解決がコンセプトとなっているため、自分で少しでも困ったらすぐに弁護士に依頼をするのが良いです。
続きを読む 闇金対策には無料相談がおすすめ